”Sayounara” directed by Yuho Ishibashi (『左様なら』石橋夕帆監督)


Hi I am Tomoe Sayaka Kawaguchi, an actor based in Tokyo.
My second post is about a movie which I watched recently at UPLINK Kichijoji Theater, "Sayounara" directed by Yuho Ishibashi.

I have watched most of her short films and also I have worked with her in one of them.
When we are talking about something, we can say about it by using words such as "precious", "beautiful", "love" and so on. But it is difficult to say what is love exactly.

The last shot of this movie told me love is holding in a second when you cannot help yourself with the way you are. I cought like that. I really love that. 

This story is originaly made by an illustrator Gomen and her beautiful poetry met Yuho Ishibashi.
The world drawn by two is opposite side of sense of reality, it's beautiful like a dream.
Haruka Imou and Kirara Inori live vividly in the world, also each one of  classmates contrast well each of them.
Diffucult to say by words especially in English, so If you have a chance recommend to watch it.
  


石橋夕帆監督の『左様なら』を観ました。
アップリンク吉祥寺で上映中です。
石橋監督作品は、短編・中編ほとんど拝見しています。
『いずれは消えてしまうすべてのものたちへ』という短編に出演させていただいたこともあり、個人的にお知り合いです。
すでにあるものに対して話しているとき、「尊い」「美しい」「好き」などの言葉で、「これ」に対してどう感じられるのか、知ることはできても
個人にとって何が「愛」であるのか、一言で言い表すのはむつかしいと思います。
この映画の最後のカットを見たときに、これが石橋監督の表現する「愛」なのだと受け取りました。そして、心に振動と、共感、これを愛だと表現する人やそれに共感する人を抱きしめたくなるような気持になりました。
イラストレーターのごめんさん×石橋夕帆監督の世界観に存在する芋生悠さん、祷キララさんの美しいこと。
霧のような光で覆われた美しい映像は、まるで夢のようですが、その中にお二人が確かに生きていて、クラスメイトの一人一人もくっきりと浮かび上がっている。
これはいったい……レシピが分からない、ケミストリーではないでしょうか。
……あまり言葉にできないので、観ていただけたらと思います。





Comments