横須賀綺譚


なるほど…心を閉ざした男がやっと本気になるには女がひとり死ななくてはいけないのか。「失って初めて」なんて現実に起こらないでほしい。よかった、現実ではない。
…え?
思い出すほどざわざわざわと、気味の悪さが残って仕方がない。
「人は結局死ぬのよ」とおばあちゃんの声が蘇ってきてまた怖くなってきた。
そうだ、自分自身の大切なものに向き合おう。

生に向き合うのが怖いから、目をつむって耳をふさいで逃げたくなるのだけれど、
死という究極の怖さがあるから、人間は本気で向き合うことができる生き物かもしれない。

……こんなこと書いていても実感がないけれど。
自分自身に向き合って生きていくよう努力する。

Comments