【33rd TIFF】"No Choice" ( Majboorim ) directed by Reza Dormishian, 2020 Iran



   
There are three women living in the situation with "No choice". 
   The story surrounded a homeless 16 years old woman who is exploited with surrogacy business. Sex workers in the film are common in Japan, but women who give a birth to a baby for the business is shocking to me, they really have no choice.
   Felt there is the discrimination against women in Iranian society which is ingrained more than in Japanese society. (also in Japan remained sexual harassment, trading and so on...)
There is a woman fighting with power of judicature but it is really very hard to against existing society for women.
I remembered "For Sama", I watched in the beginning in 2020 at the theater.
I love the entertainment and art works, they always heel me when I feel alone, but also sometime films have journalistic roll, informing the situation and people on the earth, posing a problem and drawing people's conflict in the issue.    If film is the art about how drawing and filming about human, it is creator's and observer's responsibility to decide how to use this weapon.
   Perhaps I may not meet this movie if it didn't come to Tokyo, I want it to show at theaters in Japan.


東京国際映画祭(2020)
せっかく自分地点から遠い視野の世界が見られるならと、まずはイラン映画「ノー・チョイス」を鑑賞しました。

代理出産ビジネスに搾取される16歳のホームレスの女性を軸に、3人の女性のNo Choiceが描かれています。日本だったらセックスワーカーが映画の題材になることは珍しくありませんが、代理出産で稼ぐホームレスの女性、というのは私の想像するセックスワーカーの一歩先を行っていてその時点でかなり衝撃を受けました。
女性蔑視も私のいる日本社会よりもイラン社会では根深く身近であることが映画から感じられて、そんな中でも信念を持って学問の力をつけて戦う女性が登場しますが、この女性たちの前に立ちはだかる壁が高く厚く。
今年映画館で観た「娘は戦場で生まれた」を思い出しました。

娯楽作品も、色々な意味のアート作品も大好きだけれど、
地球上同時に生きている人や社会を知らせ、届けて、問題とその状況に生きる人の葛藤を作品にすることは映画のできる一つの役割だと思います。

映画祭で上映されていなければもしかしたら出会わなかったかもしれませんが、
映画が人間をどう描き、映すかの芸術だとしたら、そこにたくさんの意味が乗っかっていくことも、この芸術を武器にすることも作り手と受け取る人に委ねられるものだと思います。
日本でも配給されたらいいなと思います。














Comments