「ニューシネマパラダイス」

 2021年初めての更新となってしまいました25日。

いかがお過ごしでしょうか?今年もよろしくお願いいたします。

 

数日前に受けたPCR検査が陰性でほっとしています。

なんだか今年は、まだ映画を数本しか見ていません。

日常で消化したい感情がたくさんあったからかもしれません。

 

今年初めて観た映画は「燃ゆる女の肖像」でした。

映画を観る習慣がないところから、2019年~2020年の後半くらいまでは、闇雲に映画館に通うようになりました。周りに映画好きの方も多く、私がひとりでは辿り着かないような良作を教えてもらう機会に恵まれていました。

何かの価値を知るには、それが浸透するような時間が必要なのかもしれません。せっかく映画館で観ているのに眠ってしまうこともあって、もったいないことをしていたなぁ。

 

存在だけは昔から知っている「ニューシネマパラダイス」。

これを先ほど、観終わりました。(劇場版)

 

目を離したくなかったです。どこからも。

俳優から目を離したくない。これは大体の映画で起こりますが、人が映っていないところに情緒が途切れなく、ずうっと、流れているようでした。

こんな感覚になる映画はめずらしいなぁ。

 

ジュゼッペ・トルナトーレ監督。確か去年「海の上のピアニスト」を映画館で観ました。

「ニューシネマパラダイス」の前にこちらを見てしまうとは。本当にもったいないことしているなぁ。(笑)

 


今年は気持ちのおもむくままに観てみようと思います。

 

Comments